人数と単価設定

一人治療院(整体、接骨、鍼灸、その他)の方は分かると思いますが、一日で対応できる人数に限界ありますよね。

お客一人にかける時間によって差はあるものの、10人も見たら結構グッタリするレベルだと思います。現状うちは昼休憩を抜けば9時間の営業時間を取ってます。1人60分枠、インターバル込みで予約を取ってますので、9人が最大となります。

僕の場合、余裕を持って過ごせるのは5人くらいですかね。3〜4人がちょうど良いくらい。稼働率で40〜50%くらいになります。勤務の方などはこの稼働率を少ないと思うかも知れませんが、一人治療院って施術以外にもやることがいっぱいありますので、逆にこれくらいじゃないとしんどいと思います。

ただ、時間をお金に変える商売である以上、想定する売上に対して人数が決まると自ずと単価も決まってきます。例えば月100万円を売り上げようと思ったら、上記の労働時間だと単価は1万円くらい必要になります。

同じ労働時間で売上を伸ばすには、単価をさらに上げる必要がありますし、逆にもう少し働けるならば単価を下げることも出来ます。

人間は働ける時間に限界があります。ただでさえ、一人治療院は自分が商品ですからね。自分の精神衛生、肉体的な疲労などコンディションを常に整えておかねばなりません。

というわけで、

これから開業される方は単価設定で悩まれることかと思いますが、自分がどのくらい施術での労働時間に耐えうるかをよく考えられると良いかと思います。そうすると想定する売上に対して必要な単価ってのが決まってきますから。

色んな考え方がありますが、実際この決め方は人が動くサービス業においては理に適ってると思いますよ。

まぁその前に、計算通りに集客出来るほど簡単ではありませんけどね。

4件のコメント

  1. 長期的にみて自分が頑張れて
    尚且つ目標達成できる単価設定して
    しかも予想より予約率が低いことも想定するから
    そりゃ自分の価値高めないと無理だぁと感じます(^ν^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA