開業地の選定は慎重に

私が開業してるところは地域集客に向かない場所で、最初全然うまくいかなかったんですよ。

ほんと色々手を尽くして、集客以外にもイベントに出店したり、地域の集まりの卓話引き受けたり、あっちこっちの店顔出して挨拶したり、もちろんお金も落として。けど、全く手応えが無くて、先の見通しが全く見えず「この状況、いつまで続ければ良いんだよ」って感じでかなり参ってました。

そんな感じで過ごしてて、

「このままじゃ潰れるわ」って瀬戸際まで来てしまった時、「これでダメならもう無理だ」ってことで残り少ないお金で、無料体験のチラシを5000枚撒いたわけです。(5000枚ってポスティング印刷代込みで¥27,500くらい。)

そしたらそれで運よく30人くらい集まって、バックエンドの回数券がなんとか売れて盛り返していったって感じです。ただ、その30人の内、2/3以上の人が近隣の人で単に無料だからって来た人達でしたけどね。

その2/3の人達は、施術室に入るなりベッドに寝だしたり、「テキトーに揉んで」と言われたり、説明に対して全く興味なさそうに振る舞われたり。そんな感じで、そこでようやくここがどう言う地域なのかが分かりましたね。地域の同業の働きぶりもようやく理解しました。

そこで地域集客に完全に見切りをつけて、売れた回数券のお金を全てWEB広告回すようにしたところ、問題なく軌道に乗っていったという…。なので、自分の提供してるものが悪いのではなくて、単にその場所に欲しい人がいなかっただけなんだと分かった時は本当にほっとしましたね。

開業から4年経ってニュータウン化してきたおかげで、最近では地域からも集客出来るようになってきましたので、また改めて地域集客に力を入れようかと考えてます。

最近、同時期に開業した大手ジムの方と挨拶してチラシを交換したんですけど、そこは依然として地域集客に苦戦してるようで「協力しましょう」って話になりました。潤沢に資金がある大手ですら苦戦するってどんな街だよって感じですがw

実際、比較的都市部にある街でもそんな街があるんですよね。

簡単にアドバイスですが、開業後チラシで地域集客をするならこれを確認しましょう。
・昼間人口
・人口密度
・年齢構成

都市部の場合は半径2kmくらいが地域集客の目安かと思います。歩いて20分、自転車で10分以内。見込み客がいなければいくらチラシを撒いても鳴かず飛ばずでジリ貧になります。

何事もやってみないと分かりませんが、やる前から分かることってのもありますので、開業するなら焦らずしっかり見極めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA