飛び込みの方が求めるのは?

私は権威も実績もない、所詮は一介のセラピストです。

集客段階から信用を積み上げて、実際に来られたら、身振り手振りと知識を駆使してようやく話を受け入れてもらえるような人間です。

そんな人間がチケット制による運営を行っていますが、それはマーケティングによって特定の人を集めているからこそ出来るワケです。

その一方で、自分で引いた集客導線に乗らずに来られた方が苦手です。

何を期待しているのか分からないですし、十中八九ミスマッチだから。なので飛び込みの受付や、電話受付をしていませんし、予約以外は店舗に常駐していません。

飛び込みで来られて、初回で出来る事なんて限られてますし、実際お体拝見して説明の一環でデモ施術をするのが私に出来る精一杯です。

いつでも誰でもウェルカムにしておくと、ほんと色んな方が来られますよね?

例えば、この方も飛び込みで来られたわけです。

いわゆるPTTDですね。杖がないと歩けません。ちなみにこの方の主訴は膝痛ですが、足元に問題があるとは思っていないんですよね。

膝痛とはいえ、この足を無視して進める能力は私には無いわけで、、、

かくかくしかじかと頑張って説明をしていき、それで初回の時間なんてあっという間に終わってしまうんですよね。

ご本人的には長ったらしい説明よりも、何らかの施術をしっかりして欲しいんだと思うんですよね。何が正しいか分かりませんが、私はそういうことが出来ない人なので本当にミスマッチだと思います。申し訳ないです。

「初回で症状改善!」とか出来るゴッドハンドでは無いので、

私が拝見して提示した情報が真実かどうかは分かりませんが、初回は情報の抽出を行って、可能な限り問題点をテーブルに上げて、交通整理を行って、提案して、あとは地味に地道に取り組むしか無いんですよ。

なぜにこんなに不器用なのか、時々自分が嫌になります。

相手の求めてることに対してサクッと対応してあげられるような人は凄いですよね。

でも、どうしても自分には出来そうに無いので、これからも自分の考えに共感、賛同して下さる方を集めて仕事を行っていくのでしょうね。

割り切ってシンプルに生きることが出来たらきっと楽なのかなぁと思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA